介護リフォームで手すりの取り付け

手すり

介護保険の住宅改修制度を利用して手すりのお取り付けをいたしました。

介護保険の被保険者で要支援、要介護認定を受けている方が対象で、20万円を限度にそのうちの9割が介護保険より支給されます。

介護保険を利用しての住宅改修の制度は介護リフォームや福祉リフォームとも呼ばれています。

 

給付の対象の工事は

★手すりの取り付け

★段差の解消

★滑りの防止及び移動の円滑化のための床または通路面の材料の変更

★引き戸などへの扉の取替え

★洋式便器等への取替え

★上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 

となります。

 

高齢者の転倒の多くは室内で起こります。

「昔から住んでて慣れてるから大丈夫!」

なんて思ってる方でも、年齢を重ねてくると足を上げて歩行しなくなるので、ちょっとの段差でつまづきやすくなります。

夜間のトイレ時とか急いでる時なんて特に危険ですよ。

 

「ここ危ないな・・・」なんて思ったらご自身のケアマネさんにご相談してみて下さい。

 

私は介護の仕事もしています(といっても週に一度夜勤ですが)

介護福祉士の資格も持っていますが、介護保険の制度の事を詳しくわかっていなかったので、今回の事でもっと勉強しなくてはと思いました。

 

インテリアカノン
東京都江戸川区北小岩2ー3ー6
03-5668-3517
営業時間 10:00-19:00
日曜定休(予約制)